img

- 輸入食品について -

私たちの暮らしには、食べ物が欠かせません。 そんな私たちの暮らしに密接している食べ物ですが、スーパーなどには輸入物がたくさん並んでいます。
日本でも、食品は生産されています。 しかし、最近は価格競争が激しくお店側はできるだけ安いものを仕入れたいと思うので輸入物に頼ってしまうのですね。

最近は、スーパーなどにある事が普通になってしまった調味料などですが、日本で生産されていない物が並んでいます。 輸入食品が多くなったことで、こういった日本で生産されていないようなものが日本でも購入できるといったメリットがあります。

しかし、輸入食品が多くなったことによるデメリットもあります。 それは、日本で食品を生産している生産者たちです。
輸入商品よりも、高くなってしまう日本の食品が売れなくなり生産者たちの生活が危機にせまっています。 輸入の食品は、値段が安くて購入者にはとても良いのですが日本の生産者たちを守ると言った点では出来るだけ国内生産の食品を日本で食べていきたいものですよね。

また、輸入食品のデメリットもあります。 日本で生産されている食品は安全性が高いのですが、輸入食品は日本の食品よりも安全性が低いといった点です。
それに、輸入に頼りきっている日本人はもしも輸入食品がストップしてしまったらどうなるでしょう? パニックになること間違いなしですよね。
もしもの時に備えても、出来るだけ私たち日本人の食べ物は国内でまわしていきたいものです。