メインイメージ画像

正常値まで戻す為の尽力も必須

最近では健康を気に掛ける、男性はメタボになる人も多いです。メタボとは、メタボリックシンドロームの略で男性の場合腹囲が90cm、女の人は腹囲が80cm、であり、他にも血圧、中性脂肪、血糖という目安がありそれを越すとメタボだという定義です。メタボの場合、あらゆる病気を起こしてしまう率が高くなる為、正常値まで戻す為の尽力も必須なのです。食事制限や体を動かし、お酒の量を減らし、色んなルールを決めて、綺麗な体を目指します。

最も医療分野で話題になっているのは介護です。

少子高齢化で国内では今後ますます、お年寄りが増加傾向です。医療費は負担が増え、ますます80代の人が支えているスタッフの、なり手が減っていると考えられます。介護の施設でも費用が低い、特別養護老人ホームなどはキャンセル待ちの様子が続いていると言われています。我々は自分自身の体と向き合い、どうすれば病気にならず日々過ごせるか、常に気を付けて生活していく義務があると、いえるでしょう。

今の医療現場では、睡眠時無呼吸症候群に悩まされる患者が増えているようです。十分に睡眠をとっているに意味なく、途中息がしづらかったり止まることもあり、他の人も起きてしまうような事さえあります。それに、寝不足が原因で居眠り運転や会社でトラブルを起こす事もあるのです。そして、睡眠時無呼吸症候群の場合最終的にがんや脳卒中といった病気を引き起こす可能性が、高まる危険があります。

更新情報